狼神話 [ホーム]
 桜川・御嶽(おんたけ)神社 

 東京都板橋区の氷川台2丁目緑地に鎮座するお社です。創建は不明ですが、太田道灌が江戸城を築城したおり、旧板橋村の栗原、七軒屋の氏神として勧請されたものと伝えられます。信州の御嶽山、すなわち木曽御嶽山から勧請されたとも、甲州の御嶽山、すなわち金桜神社から勧請されたとも言われています。

 この神社には、都内でも有数の古さと言われる嘉永年間の狼型の狛犬が伝えられ、狼信仰のお社だということが窺がえます。甲州の金桜神社のお使いは、狼と白犬だと伝えられていますが、この神社が木曽御嶽の分社だったとすれば、木曽御嶽神社も狼信仰に関わっていることになります。

祭神
 倭建命(やまとたけるのみこと)金山昆古命(かなやまひこのみこと)金山昆賣命(かなやまひめのみこと)
御利益
 五穀豊穣、家内安全、郷鎮護など
祭礼
 3/8 昆謝祭
名物
 不明
所在地
 東京都板橋区桜川1丁目4
アクセス
 東武東上線「上板橋駅」下車、徒歩約15分